看護師転職キッパリ
看護師転職キッパリ
ホーム > >

時々なのですが、嬉しい時、興奮状態になった時に猫のお尻がとてつもない強烈な臭いを放っていることがあります。今まで飼っている猫にそういう子がいなかったので最初は何かお尻の病気かと思って心配していたのですが、どうやら肛門腺から出る分泌液の仕業だったのです。うちの子は透明な液体なのですがこれがとっても臭いのです!中にはドロッとしている子もいるみたいです。動物病院の先生に教えてもらい安心しました。個体差があって肛門絞りが必要な子がいるとのことで私は二日に1回絞り出します。最初はコツが掴めなかったのですが、肛門部の4時と8時辺りをぎゅぎゅっとすると出てきます。これをしていても興奮時には出てしまうのでその猫が愛用しているクッションにカバーが欠かせません。飼い主だから言いますが、本当に、本当に可愛い顔しているのにもったいない欠点です。でも、その猫も臭うときは気にして毛づくろいしているのでこれからもうまく付き合っていくしかないですね。でもこの臭いを嗅ぐとショックが大きく、布などに臭いが付いた場合に部分を特定出来ると反射で顔がのけ反るのです。様々な猫を飼って来ましたが、新しい猫を家族に迎える度にいろんなタイプがいるのだと感じさせられ、奥が深いと思ってしまいます。

加圧シャツマッスルプレス口コミ